アセルカデ

tapas-534200_960_720.jpg

バスク料理

野菜家さいがベースとする"バスク料理"とは

バスク地方とは

バスク地方とは、スペインの北部とフランス南西部の国境をまたいだ場所にあります。スペイン側ははバスク州とナバラ州の2つが強力な自治権をもつ自治州があり、フランス側はフランス領バスクと呼ばれています。

中でもサンセバスチャンの旧市街地を主とするバル文化が観光地として有名で、今では世界一の美食の街として知られています。​

伝統的なバスク料理

バスク料理はバスクの文化ともいえるべき存在で、影響は受けつつもスペインやフランスの料理とは違う独自のレシピ作られる料理です。海の幸である魚介類を中心としたレシピで作られる料理と山の幸でエブロ川流域の谷からの内陸の食材を中心としたレシピで作られる料理に大別されます。またバスク地方では、人が集まって一緒に食事をする「チョコ」という独自の習慣があります。

新しいバスク料理

新(モダン)バスク料理というのが、20世紀後半から登場します。フランスの影響を受けて、創作された料理は斬新なレシピで作られながら内容はバスク料理というものです。近年では国際的な影響が強いバスク料理は世界から高く評価されており、バスク人が移住した先へのバスク料理が強い影響を与えます。

野菜家さいのバスク料理

創業から10年以上の歳月をかけ、和歌山の食材と風土とそこに生きる人達の嗜好に合わせた料理に進化させています。ベースにあるのは、バスク独特の文化である”美食倶楽部”通称”ソシエダ”で培った、バスクの紳士達のこだわりの味。アイデアを競って食べて貰うのではなく、素材と真剣に向き合う郷土愛と誇り。そして伝統として受け継がれてきた素朴な味。そういった文化にインスパイアされた当店独自の料理として進化し続けています。

ピンチョス
ピンチョス

press to zoom
コウイカのイカスミパエージャ
コウイカのイカスミパエージャ

press to zoom
野菜ソムリエのベジ鍋コース
野菜ソムリエのベジ鍋コース

press to zoom
ピンチョス
ピンチョス

press to zoom
1/6